【分解修理】SOTOのガストーチが壊れてしまった【簡単復活】

sotoガストーチキャンプギア
スポンサーリンク

SOTOのガストーチを分解修理する

ガストーチが壊れたので修理してみます。

SOTOのガストーチは地味なキャンプギアだが2軍落ちしたことがない。
使用頻度も高く機能性も抜群。

sotoガストーチ

SOTOのガストーチ。

3年ほど使っているが、必ずといっていいほどキャンプで使っている。
残念ながら火がつかなくなったので、修理してみた。 症状はターボライターでいう「カチッ」がなくなったというもの。

ガストーチ分解修理の前に

バーナーノズルに火花がとんでいるのに火が着かない場合は、最初にガスの状態をチェック。
カチッと音がしてノズルから「シュー」と音がする場合は、分解する必要はありません。
ほとんどの場合、低温下や高所による低気圧でガスが燃焼しないだけです。特に100円ショップのガスは燃えにくいです。
低温下では常にポケットに入れてトーチ自体を常に温めておくとすんなり燃えます。

早速、ガストーチを分解してみる

ネジは3か所あった。真ん中のネジはシールで隠れているので剥がす必要があります。
小さく穴を空けてもOK
3か所も留めてあるのでとっても堅牢。

SOTOのガストーチを分解

接点復活スプレー

火花を飛ばすパーツの爪が引っかかりにくくなっていたので、〇印のところへ接点復活スプレーを塗布。ちなみに、分解せずに隙間から塗布してみたけど上手くいかなかった。

ガスバーナーの分解

完璧に動作しました。

バーナーノズルも清掃

ついでにバーナー部にススが溜まっていたので、バーナーノズルにアルコールを塗布してからエアブローしておきました。
アルコールは台所用のアルコール、エアブローはパソコン用でOK

綺麗な炎になりました。

スポンサーリンク

おわりに

本当に地味な存在のギアだが、無いと困るよき相棒。
悪天候でも確実に着火できるので便利なんだよね。

SOTOガスバーナーの修理完了

ちなみにノズル部分が濡れると点火できなくなるので、雨天時には注意が必要です。(乾燥させれば直ります)

現行品はキャップが付いたみたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました