【キャンプで活用】牛乳パックを燃料にしてご飯を炊いてみた。

キャンプ小技
スポンサーリンク

牛乳パックでご飯が炊ける?

牛乳パックをまとめて捨てるのが面倒だったので、燃料にならないかと・・・・

牛乳パック2本分を縦に切って8枚にしたら、あとは丸めてガムテープで留めるだけ。
3本分にするとストーブのサイズがギリギリで隙間が少なく、低酸素状態で火力は上がりませんでした。

スポンサーリンク

想像以上の高火力!

牛乳パック2本分で0.5合のご飯を炊いてみた。

牛乳パック燃料でご飯を炊いてみた

ソロストーブにジャストフィット。焚きつけは丸めるときに使ったガムテープを使う。
コツは下から空気が入りやすいように、パックの隙間を作ること。

牛乳パック燃料の火力

かなりの高火力が発生! 防水加工時の油分で高火力になるようです。

高火力が発生するので短時間で炊けます。

牛乳パック燃料で炊いたご飯

ご飯どころか、余力で目玉焼きまでできてしまった。
牛乳パック2本分で20分ほど燃焼しました。 燃焼時間はストーブの形状によって変わります。

牛乳パック燃料で焼いた目玉焼き

自作ソロストーブで二次燃焼させて完全に灰にすることも可能。
理想的な燃料かもしれない。

スポンサーリンク

ただし!牛乳パック燃料はススが凄い!

牛乳パック燃料はかなりお得な燃料ですが、デメリットもあります。
ススが凄いこと。
クッカーが真っ黒になります。

ちなみに、使う前に直火があたるところに中性洗剤を塗っておくと、水洗い時に簡単に落ちるようになります。

真っ黒になってしまったら重曹で煮込んでみましょう。

【重曹パワー】ススで汚れたクッカーを重曹で煮てみた。

牛乳パック燃料の関連記事

ソロストーブ関連の記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました