【仕事帰りキャンプ】車中泊で電気毛布を使ってみた【第16張目】

アウトドア

仕事帰りのキャンプも16回目になった。
車中泊がキャンプと言えるかどうかは微妙なところ。

冬のキャンプは雪の影響でテントやタープが濡れてしまうため後片付けが面倒。
しかも、外は4℃しかない。よって、今回は車中で調理。

スポンサーリンク

今晩のお品書き

車中だとスペースが限られるので、コンロやテーブルはなるべくコンパクトに配置する。

まずは、マグロの中トロ。ハイボールの「炭酸強め」とよく合う。

20210221092503.jpg

 先日購入した中華製コンロで調理してみる。灯油500mlで4時間ほど燃焼可能で超ローコスト。

20210221092504.jpg

一酸化炭素中毒の対策として換気は重要。念のため一酸化炭素警報機もセット。

一酸化炭素チェッカーのレビューはこちら

20210221092511.jpg

 鳥モモ肉と豚ロースで肉鍋にしてみた。冬場は鍋がイイというより、車内で煙の出る料理は後が怖い。

20210221092505.jpg

うまくできたんじゃないか?

20210221092506.jpg

鍋をつつきつつ、佐渡市の地酒である真野鶴を温める。

20210221092507.jpg

最近のマイブームであるポテトサラダ+日本酒の熱燗。

20210221092508.jpg

スポンサーリンク

車内温度も上昇

中華コンロにヒーターアタッチメントをセット。
合わせて2000円チョッと。安全マージンをとって弱火で使用。

20210221123212.jpg

車内と屋外の温度差を測りたかったので、2極温度計を購入してみた。
破格の450円也。

20210221122842.jpg

上着がいらないほどの温度になった。
就寝時には消火すること。

スポンサーリンク

秘密兵器を使用してみた

電気毛布を使ってみた。電源は自作のポータブルバッテリーを使用。

20210221092509.jpg

寝袋に電気毛布と湯たんぽを仕込んで就寝。
朝まで使ってみたが、電圧は12v以上をキープしていたので一泊なら十分使えると思う。

朝食は簡素に

朝食はカレーパンとコーヒーで手抜き。

20210221092510.jpg

 山の中だとほとんど「音」がない。雪が降り積もるときの擬音語「しんしん」が聞こえてきそうな感じ。冬なので動物の声も聞こえない。明かりは月明かりのみ。

雲がかかっていなかったら、タイムラプスで撮影すると面白かったんじゃなかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました